医師選びは知識と経験が大切

視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を行うのは、医師であり人間なので、どうしても多少なりの失敗を引き起こしてしまうことがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。

 

レーシックというのは、既に欧米におきましては10年以上の実績を誇る比較的有名な手術方法となっています。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。

 

レーシックの手術は当たり前のことですが、眼科の専門的な知識は必要となってきますが、それと同様にレーシックの手術でどれだけ実績を持っているかが重要なこととなります。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。



医師選びは知識と経験が大切ブログ:21年05月08日

我が家の料理は、お父さんが作ります。

ママは日本人、お父さんは中華系フランス人。
ミーが小さい頃、二人がそれぞれ料理を作っていました。

ママが作るのは和食中心。
基本は茹でる、焼く、煮る…
素材のそのままの味を楽しむと言えば聞こえはいいけれど、
実は料理がちょっぴり苦手なんです。

子供たちが巣立った後、
我が家のシェフは、お父さんのみとなりました。

お父さんが作るのはエスニック中心。
一般家庭ではなかなか食べない茹でた鳥の足先だって、
我が家ではお馴染みの家庭料理です。

お父さんは料理が好きで、餃子も皮から作ります。
スーパーの食材売り場の散策が大好きで、
1日に何度も食材売り場に足を運んでいます。

お父さんの料理の腕前は、
その辺のレストランよりも断然上です。
お父さん特製の中華料理を食べたら、外では食べられなくなります。

我が家にお客さんを招待すると、
お父さんはここぞとばかりに料理を振舞い、
皆舌鼓を打ちながら食べています。

お父さんは、
皆に自慢の料理を振舞えるのが、
とても嬉しいようです。

また、ミーたち子供が実家に帰ると、
これも食べろあれも食べろと大盤振る舞い。
自分で作ってみておいしかったら、
たとえ前日に食べたとしても、ミーたちのために改めて作ってくれます。

そんな我が家の家庭料理は、
到底インターネットでも検索不可能です。
お父さんの料理を作れるようになりたいけれど、
これがなかなか難しい…

まず調味料がわからない…
見慣れない調味料が多いんです。

作り方もまた難解。
「料理教えて」って頼んでみても、
なんとなくこれくらい…とか、味見しながらだよ…って、曖昧すぎる。

とりあえずミーはお父さん譲りの料理のセンスはあるものの、
お父さんの味を引き継ぐには、まだまだ時間がかかりそうですね。


ホーム サイトマップ