レーシックは両目に限ったことではない

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

 

レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。



レーシックは両目に限ったことではないブログ:21年10月03日

9時一番多く食べて、
よるにかけて食べる事量を減らしていく、
「9時大、よる小」の食べる事の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなの食べる事パターンが、
9時は忙しいのでちょっとだけ食べて、
昼はそこそこ食べる、
そしてよるに沢山食べるパターンです。

このような食べる事の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
9時はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

9時しっかりと食べることは
24時間のエネルギーを蓄える為にも重要な、
食べる事の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

9時食べずに
昼とよるのみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっている食べる事方法です。

逆によるはエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕方食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多い食べる事はとても太りやすい!
だからこそよるは食べる事量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しい食べる事の摂り方は、
9時からよるにかけて摂取カロリーを減らす、
「9時大、よる小」の食事の摂り方になるわけです。

9時しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
よるは脂肪の蓄積を抑えるために食べる事量を減らす。
これが太りにくい食べる事方法であり、
健康面でもとても好ましい食べる事の摂り方なのです。

9時がどうしてもたくさん食べれないという人は、
昼を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。


ホーム サイトマップ