一時的なレーシックにおける後遺症

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:21年05月11日

子どもの脳の成長にとって、
親馬鹿になることは良い効果をもたらすのだが…

問題なのは親馬鹿を通り越して、
「馬鹿な親」になってしまうことである。

例えば、
赤ちゃんが一人立ちした時に
友人に報告するような場合。

順調に育てば、一人立ちをするのは当たり前であって、
自分たち夫婦はそれを非常に喜ぶことができても、
他の人たちもそうであるとは限らない。

特に気をつけるべきは、
年賀状に子どもの写真をデカデカと載せ、
旦那の仕事関連の人々に送りつけてしまうことである。

奥さんに年賀状作りを任せてしまうと、
これをやってしまうので要注意!

年賀状は去年1年間お世話になったお礼と、
今年1年間宜しくお願い致しますという手紙なので、
元日そうそうつまづいていると、
旦那はろくな仕事ができなくなってしまう…

自分がどんなに親馬鹿になっても構わないが、
我が子どもの成長を喜んでくれるのは、
ごく限られた人々しかいないということを忘れてはならない。

だから
舅や姑と仲良くすることは大事だし、
親戚づきあいも大事なのである。

嫁姑の戦いを繰り広げたり、親戚付き合いをしなければ、
我が子どもの成長を喜んでくれる人々を
確実に失ってしまうのである。

また、
家族で外出した時に、
外で余りにも親馬鹿をさらけ出していたら、
それはそれでひんしゅくを買ってしまう。

家の外に出れば、
最低限の礼儀作法は守る必要性がある。

例えば子どもと電車に乗った時、
子どもを椅子に坐らしても、
すぐさまひっくり返って外の景色を見出すものだ。

その時、
子どもと一緒になって景色を楽しむのではなく、
子どもの靴を脱がして、椅子が汚れないようにすべきである。

親馬鹿になっても、
親として礼儀作法はきちんと守っておくべきなのである。


ホーム サイトマップ