レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。




レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:21年04月08日

寒い時期に結婚したおいらは、
式の緊張と疲労で
新婚旅行の最中に熱を出してしまった。

宿泊先のホテルで、
主人は一睡もせず、おいらを看病してくれた…

ママにその事を話したら
「本当に優しい人に出逢えて、お前は幸せ者だ」と、
目を潤ませて喜んでくれたのを今でも忘れない。

結婚生活が始まって
1年後には長女出産、三年後には次女が生まれ、
かわいい娘達の世話におわれた。

まだ若かった二人にとって、
決して生活は楽ではなかったが、
周囲の温かい援護もあって
心は幸せでいっぱいだった。

いつの間にか、
小さいながらも我が家を持つことができ、
主人との努力は、
少しずつ人生の喜びを倍増させつつあった。

娘の成長と共に、
家計は苦しくなっていったものの
心の余裕を持つ事が出来たのは、
やはり主人の大きな愛に包まれていたからだ。

歳の離れた三女の出産の時は、
おいらの身体を気遣い、子育てにおおいに参加してくれて、
まるで、どっちがママか分らない程の子煩悩ぶりだった。

上の二人の娘達を大学へ進学させた時は、
主人の小遣いもほとんどなく…
この頃が一番、家計のやりくりが大変だったように思う。

しかし、
主人の持ち前の明るさと溢れるバイタリティで、
ものの見事にそれを乗り切った。

長女、次女もそれなりに自立し、
今では、おいらのよき相談相手である。
女としては、勿論ライバルだと思っているが…

信じられない程の早さで
通り過ぎていった歳月をいとおしく思うのは、
おいらだけだろうか…

ふとこれまでの人生を振り返ると、
思い浮かぶのは、娘の頃の自分ではなく、
主人と出逢った頃の桜色に頬を染める自分。

きっとおいらにとって
主人との出逢いが最高に幸せな事だったからだろう。
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術