レーシックでの視力回復について

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。



レーシックでの視力回復についてブログ:21年05月20日

経済的に裕福なら保育園に行かせることもないし、
幼稚園が余りにも幼稚過ぎるなら、
わざわざ我が子どもを行かせるべきではない。

父母元で育てることこそが
子どもにとって最高の効果をもたらす。

自宅にいれば
ママからたっぷりと母性愛を貰うことができるし、
自分の時間を大量に持つことができるからだ。

我が子どもを保育園にも幼稚園にも行かせないと決断したのなら、
ママは子どもを多く産むことが望ましい。

子どもが1人しかいないと、
ママは子どもに対して、過保護になり過干渉してしまうので、
子どもの脳の成長を阻害してしまう。

ママが子どもを多く産めば、
下の子どもの面倒を見なければならなくなるので、
自然と子どもに対して過保護や過干渉をやめることになる。

幼稚園に行かないとなると、
時間が大量に有り余ることになるので、
とにかく子どもを外に連れ出し遊ばせないといけない。

脳というのは
身体を動かさない限り成長しないので、
体操量が少なくなってしまっては、脳の成長に支障を来たすからだ。

それと子どもに本を与えて、
本を読ますようにしてしまうことも大切。
本を読めば読むほど、脳のシナプスは増えるのである。

もしも何かしらの芸事を習っているのなら、
それを重点的にやってしまい、高度なレベルに達しておくと、
その後、その芸事をやめさえしなければ、
一流のレベルに到達する可能性が非常に高くなる。

というのも、他の子どもたちは幼稚園に通って、
その上で芸事も習っているので、
どうしても練習不足のためにレベルを大いに上げることが難しい。

しかし子どもを幼稚園に行かせなければ、
練習する時間などいくらでもあるので、
芸事のレベルを大いに上げて行くことが可能になるのである。


ホーム サイトマップ