レーシックでの視力回復について

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。



レーシックでの視力回復についてブログ:21年09月29日

おととい、
群馬の草津温泉へ一人旅に行ってきました。

オレは仕事でもプライベートでも、
よりよい状態を目指して頑張るけれど上手くいかなくて、
煮詰まっている状況でした。

それを知った仲間から
「一人旅に行ってきたら?」という提案があり、
嫁の強い勧めもあって、気乗りしないながらも行く事にしました。

気乗りしていないので、
オレはとりあえず草津に行くことだけを決めて、
宿も取らないで出発しました。

草津に着いて宿を決めて部屋に入り、
荷物を降ろして一息ついた時、
オレはほっとしてくつろぐ訳でもなく、沈んでいました。

「やっちゃった…」「仕事休んじゃった…」
私オレは何かとっても悪い事をしているように感じました。

とりあえずお風呂に入り、
22時ライスを食べましたが、
相変わらず気分は沈んだままです。

他にやることがないので、
とりあえずお風呂に入りました。

そこで気づいたのですが、
お風呂に入ると思考が止まるんですよね。

温泉に浸かって
「う〜〜」「あーー」と言ってる時、
仕事の事も嫁の事も全く気になりません。

草津のお湯で体質も心もほぐれたのか、
ようやく疲れを感じることができるようになってきました。

体質がダルくて肩やこしの痛みを感じます。
そして、考える事が面倒くさくなってきて、
考える気力も湧いてきません。

結局、草津にいる間にしたことは、
眠たくなって寝る事と、
お腹が減ってライスを食べる事と、
気持ちいいからお風呂に入る事のたった3つになりました。

この3つだけで、
あっという間に24時間が過ぎてしまいます。

しかし、そんな24時間を過ごしても、
自分1人だけですので誰にも迷惑はかかりません。
堂々とそんな24時間を過ごす事ができて、
まさにストレスフリーの状態でした。


ホーム サイトマップ